道川林道を行く

☆道川林道外伝(前編)
The Kitadewa Tyaritabi Story

旅はひょんなことから始まった。
もともとこのコーナーは北の旅Vになるはずだった。
しかし予想外の出来事が起きて......
林道に潜入した。

舞台は2003年(平成15年)10月18日。
早朝(一応三時)秋田市内某所から始まった。
メンバーは北の旅Uでもおなじみの「湊」「副部長」「クリ」の三人。

しかし副部長は約束の時間になってもこなかった。
なのでおいて出発した。笑

といってクリとの待ち合わせ場所に......
「オイ!」奴はいなかった。
それから数回、奴に電話をかけた、が、
「auお留守番サービスにメッセージを....」
30円もとられた。
それから30分が経過した。

奴から電話がきた!
「まったく.....」
しかも奴は遅れたにも関わらずケロッとしている。
温厚な湊さんはキレた。
「30円かえせ!]と心で叫んだ。

しばらくして怒りも収まり・・・・・・

すると前に一台のクラウンが止まり.....
数人の男がおりてきた。

「不審者か.....」と思った瞬間。

「警察です」と!
は?そんなにうちらは怪しいのか?
↑その時の湊の格好(ニット帽、マスク、マフラー)
まぁ職務質問を終えやっとの思いで
北へ向け出発。

ここまでは順調な北の旅だったが......

しかし前回クリがパンクした
下新城から金足にかけて
今度は湊(私)がパンクした。

今回はパンク修理道具は持っていったが、
全然対応できない。
パンク個所は7つ以上。
いままでの走行距離(推定300キロ以上)が堪えたのだろう。

その後、所持金の90%の3000円で
チューブとタイヤを修理した。

しかし時間が時間だったからな。

ってなわけでクリが
「青森いけなかった!」とキレて
大変なことになった。(どーでもいじゃん・・・・・)

そして急遽引き返し、秋田市北郊の
「大滝山自然公園」を目指した。

我々は(クリ、湊)上新城の大滝山温泉に向かった。
ここの温泉は秘湯で300円と入浴料金も安い。
店の女将さんから山の方に滝があることを聞かされた。
まだ時間もあるし向かいましょう。
クリの怒りもおさまりつつあり.....
我らは山に向かった。
これから壮絶な物語が始まることに気づかずに......

大滝山温泉を出ると降っていた雨もやんだ。
これも天の恵みか.....
我らは、台風の中をママチャリで
30キロも走るというとんでもないことをした。
から雨の怖さは死ぬほど知っている。

そして我らは道川林道という林道に入る。
林道といっても舗装されているので安心だ。
かなりきつい坂を登るとすばらしいものを発見した。
春子館跡
中世(鎌倉時代から室町時代末期)の館跡(たてあと)だ。
尚、秋田県の館(たて)についてはこちらを参照。
この付近でも豪族がいたのだろうか。

春子館跡

戦国浪漫を感じされる春子館跡(秋田市上新城道川愛染)

坂が2、3`ほど続きかなりきつい。
この坂を見れば台風時に突破した
大内町の「折渡峠」を思い出す。
そして少しくだるとそこには大滝山自然公園の事務所があった。
で、「休憩所」なるものもあった。
しかし中は汚いようだ。
潔癖症のクリには.......笑
ここからは「大滝山自然公園」が一望できる。

この後、恐怖の下り坂が始まった。
ブレーキから手が離せない。
すると道川大滝が見えた。

道川大滝

道川大滝

絶景かな。絶景かな。笑
滝は心が和むね。日本人だね。←意味不
しかしここで私は三つの心配があった。

壱・熊に襲われないだろうか?
弐・無事に家に帰れるだろうか?
参・果たしてこの先、道はあるのだろうか?

ほんとこの先どうなるのやら。
突然、舗装された林道が砂利に変わった。
「これはマズイ」

道川林道

うっそうとしてきた。大丈夫か?

さて途中で大滝山への登山道を発見した。
かつて秋田藩時代の名所百選にも指定されていたそうだ。
さてここで我々はとんでもない事に気づくのである。

大滝山

大滝山入り口

しばらく進むと道が細くなっていき・・・・・

熊に注意

↑の写真の表札読めますか?
手前が「クマに注意」で置くの表札が「一般車両通行止め」っておい・・・
日本の法律で自転車は一般車両なんでしょうか???笑
一般車両だろうがなんだろうが通行止めは通行止め!ここはまさか・・・

そう!我々は完全に道を間違えていたのだ。
この道路は東北自然遊歩道(別名・新奥の細道)らしい・・・・
目指していた林道とまったく反対の方向に向かっていた!

さぁ・・・・どうしましょうか・・・・・苦笑
もどるのもおっくうですし・・・・
そのとき突然クリが進むと言い出した。
MAJIDESUKA?←湊の心境。
しかたないので、けっきょく進攻!

遠くで猟師の銃声が聞こえる・・・・
ひぃぃぃ怖いっっっ。泣
多分、この道路をチャリが走ったのは我々が最初でしょう。
そんな時、突然に階段が出現!どーしましょ??
チャリをもって階段を突破・・・・・
すると背後から叫び声が聞こえた・・・・・
振り返ると階段でクリが階段のぬかるみにうまってるぅぅぅぅ!!!
すかさず私はクリを助けずにカメラのシャッターに手をかざした。

クリ絶叫!!!!

クリ絶叫!!(秋田市上新城の山中)

↑どーですこの写真の仕上がりは・・・・・いいと思いますがねぇ?
写真を写してからクリを救出!クリはしばし口を聞いてくれなかった・・・笑

・いざ後編へ!



チャリ旅オンライン

:素材:
壁紙『雲立涌』
by平安素材「綺陽堂」



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO