クリを救出するのに思ったより時間がかかった。
生まれてはじめてこんなにチャリが重いのと実感した。
もっと驚いたのはクリの奇声だ。
いやーいいものを見させてもらいました。笑

大丈夫か?

長田林道まで900メートルもあるぞ。ひぇぇぇぃ。(秋田市上新城山中)

再び言いますがここは遊歩道です。
自転車道ではないから難関の階段が数本も・・・・。

それだけ苦労してもなんかすがすがしい気分で走れる。
猛スピードで山中をかけめぐる快感がなんともいえない。笑

大丈夫か?2

まさに林道を越した林道。ってか自然歩道。(秋田市上新城山中)

数分たつと背後からゴォォォォォという音が聞こえ、
自転車がクラッシュする音が聞こえた。左をみると・・・・↓(こんな感じ)

もう終わり

げっ!谷じゃねぇか。
「まさかクリは・・・」私の脊髄に戦慄が走った。
谷の底にいってしまったのか・・・・・
私は恐る恐る後ろを見た。
そして手にもっていたカメラをチャリかごに置くと・・・

クリは生きていた。
↑(これは批判的にとらえられるかもしれないが、
このときの感動というか驚愕は凄かった・・・・)

クリは運良く右側にクラッシュしていた。(なんと運のいい奴だろうか・・・)
このときばかりは撮影してる余裕がなかった。

被害・損害は!
「クリ」・・・無傷
「クリのチャリ」・・・大破!
「クリの携帯」・・・損傷なし

残念ながらクリの新品のチャリは「還らぬチャリ」にはなっていなかった。
秋空の下でしばしクリの救出作業が続いた。
新品のチャリはもろくも大破してしまった。
生憎、ハンドルが曲がったまま・・・・(現在も)
ッてなかんじで先を急いだ。

もっといこー

いっきに坂をかけあがり・・・♪(クリのクラッシュ現場から数メートル先)

はぁー。あのクラッシュ以来、クリは元気がなくなった。
そして蛇行する自然歩道を急ぐ。
電波塔みたいなところを過ぎてようやく自然歩道を脱出。

もっといこー

自然歩道脱出。(秋田市長田)

この先、長田林道は厳しい下り坂でカメラをかかえてる余裕もなかった。
なんと坂の角度は14%である。チャリ旅史上最高の坂だった。

もっといこー

脱出成功。(秋田市長田)

やっとの思いで県道15号線に辿り着きました。
多分二度とこの「自然歩道」は通らないでしょう。
でもここを突破した記録は残るでしょう。

完走!!

余談!笑
この旅の一週間後に我々は飽きもせずまたチャリ旅にでかけた。副部長の機嫌もよくなり参戦した。
市内某所を出発しようとしたところ副部長は携帯を車に轢かれた。笑

被害・損害は!
「副部長」・・・小破
「副部長のチャリ」・・・無傷
「副部長の携帯」・・・大破!

おいおい!副部長のエンジョルノは終わったと思われたが使用できるのである。すごい生命力というか・・・・
ってかエンジョルノが己(副部長)を救ったのだろう。
信じられない話しです。笑

我々は太平木曽石に向かい「仁別越え」をはじめた。
そして藤倉から湯の里林道へと向かいそこから道川林道に潜入。
懲りない奴です。(我々)

道川林道で副部長はパンクした。
副部長にとってこの日はなんと最悪な日だろうか・・・・笑

まさに我々はパンクに始まりパンクに終わったのである。

後日、私はまたパンクしたのである。ミスタードーナツからの帰りであった。雨の中最悪な結末に・・・

被害・損害は!
「湊」・・・風邪引いた
「湊のチャリ」・・・パンク
「ドーナツ」・・・全滅。

まさにトホホな一日だった。これが2003年のチャリ旅であった。
最終更新日・2004年1月25日



チャリ旅オンライン

:素材:
壁紙『雲立涌』
by平安素材「綺陽堂」



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO