湯の里川

湯の里川は流れる(秋田市上新城湯の里)

湯の里林道外伝
The Kitadewa Tyaritabi Story

2005年4月9日。やっと高校に入学することができた。
しかし、浪人という壁は厚く、なかなか学校に馴染めない。
気分転換に大滝山温泉にでも行こうかと副部長を誘った。
朝、8時30分。急遽、元メンバーのクリ氏を誘いたくなった。
いざ、携帯に電話してみると・・・

「こちらは、auお留守番サービスセンターです。」

また、これだよ。副部長も40分頃に本部(湊の自宅)に来た。
9時頃、準備が出来たので二人で出発した。
濁川から添川に抜けて県道15号線を北上。
山内松原で旭川の様子を見ると増水していた。

県道15号線

清流、旭川(秋田市山内松原)

さて、山内藤倉にたどり着いた。
ここから湯の里林道に入る。これがこの旅最大のミスになるとは・・・・。
そもそも、添川から県道42号線を通り上新城道川に抜けてもよかった。
しかし、時間に余裕もあったため、久々に林道を堪能しようとも思ったのでそうした。
「引き返しておけば」
これが、旅後の第一の反省点である。

入り口

湯の里林道入り口(秋田市山内藤倉)

この坂を一気に駆け上がると「市王子橋」が見えてくる。
この林道は全線舗装されているらしく、憂いはなかった。
いつぞやの昔に、元祖メンバー3人でここに来たことがある。
そのときを振り返りつつチャリを進めた。

坂

藤倉側第一の難所の坂(秋田市山内藤倉)

そのとき、ここにオートバイが放置されていた。
季節は晩秋で山菜採りやきのこ採りでもないと思い、
一瞬、自殺者かと思ってしまった。
鍵がついていたので、副部長がそれに乗って逃亡する、
という騒ぎに発展しそうになったが、食い止めた。

雪

道路にかぶさる雪(秋田市山内藤倉)

「うわー雪だ・・・」
さすが、山である。4月だというのに雪である。
第二の反省点になるが、雪を考慮し、ここで引き返しておけばよかった。
まだまだ勾配は続く。

坂

坂

雪はとぎれとぎれ舗装路を覆っていた。
かなり勾配は高くなり、疲労がたまってきた。

イワサ

ひなびた副部長(道川林道分岐点)

やっと、道川林道分岐点にたどいついた。

分岐

左へいけば大滝山(道川林道分岐点)

これを右へいけば我々もまだ見ぬ「湯の里林道本線」である。
隣のガードレールには
「湯の里(8キロ)←→藤倉(2キロ)」という木札があった。

雪

木札(道川林道分岐点)

さて、どっちへ行こうか・・・。
副部長と私の押し問答が始る。
まず、最初、二人とも・・・
「お前の好きな方にしろ」と言う。だから埒があかない。

「だったら本線を直線するぞ」
この私の判断がこの旅、第三の反省点(ってか最大のミス)になろうとは。

湯の里林道

湯の里林道本線を見る(道川林道分岐点)

本線を行こう。本線を行こう。本線を行こう。
今、これを執筆するわが心にこの声がこだましている。

さて、旅を続けよう。
勾配はさらにきつくなり、厳しいアップダウンが続いた。

雪

雪

雪

雪

雪

このような道が続く。特に五枚目の画像でも分かる通り、
まだ積雪の状況が非常に厚い。
副部長と私のスプリングな靴は見事、浸水した。
春先の雪はシャーベットで水分を多く含んでいる。
第四の反省点としてここでほんとに引き返しておけばよかった。

・いざ後編へ!


チャリ旅オンライン

:素材:
壁紙『雲立涌』
by平安素材「綺陽堂」



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO